愛する人が亡くなるまでの家族の心境やそのときの様子を描写しています。C型肝炎発病-肝硬変-闘病生活-死-葬儀までの実録です。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

実録 愛する人の旅たち 闘病そして葬儀
二度目の入院 - 闘病のはじまり -

前回入院してから1ヶ月も経たない、2006年10月の初旬母は再び入院しました。

今度は前回入院した病院が自宅から2時間以上もかかる為、
主治医が以前在籍されていた都内の某総合病院へ入院する事になりました。
私たち家族も母も検査入院程度に思っていましたので、
『すぐ1週間か10日間くらいで退院できるね』と母と話していました。

入院の始めの頃は、血液検査や足のむくみの調査検査などをしていました。
足のむくみの原因は肝臓と直結しないバイ菌との事でしたが、
何倍にも膨れ上がった足から膿が出たりしてその様子はかなり痛々しかったです。

またお腹の張り(*1)が日に日に大きくなり、妊婦のようなお腹になってきました。
お腹に溜まった水は薬で徐々に減らす事もできますが、母の場合は日に日に水が溜まってきたので、
母の健康状態が良ければ注射で水を抜く事も主治医は考え始めていました。

毎日最善の治療をしてもらっていましたが、肝機能も中々良くならず、
お腹の張りと足のむくみ、
そして背中にも張りと痛みが出てきて歩く事すら出来なくなり、明るい兆しが見えてきません。
またこの頃から黄疸(*2)も出てきました。

家族も母も『なんで良くならないのだろう』と皆思っていながらも、
この時はまだ退院できる事を信じて、家族が交代で看病する日々を送っていたのです。

(*1)お腹の張り・・・
腹水。肝臓が悪くなって硬くなると、肝機能が衰え肝臓に直接入るはずの水分やタンパクなどの成分や水がお腹に貯まり、お腹も大きくなる、いわゆるカエル腹になります。

(*2)黄疸・・・
肝機能低下により皮膚や目が黄色くなる事。

« 退院 病院からの呼び出し »
01 序章 02 慢性C型肝炎とのつきあい
03 いつものこと 04 一度目の入院
05 退院 06 二度目の入院 - 闘病のはじまり -
07 病院からの呼び出し 08 余命宣告
09 最期の日 10 病院を出るまで
11 葬儀打ち合わせ 12 通夜
13 葬儀・初七日 14 火葬
15 葬儀後 16 49日・納骨
17 まとめ
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved