愛する人が亡くなるまでの家族の心境やそのときの様子を描写しています。C型肝炎発病-肝硬変-闘病生活-死-葬儀までの実録です。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

実録 愛する人の旅たち 闘病そして葬儀
病院からの呼び出し

母が入院してから10日間くらい経ちました。

母の体の腹水が日に日に溜まり、体の負担を減らす為注射で水を抜く事にしました。
治療前に多少心臓に負担がある事を主治医から聞かされましたが、
家族はそれほど深くは捉えていませんでした。

治療の前日にはお見舞いにも行っており、私も母と元気に会話していたので、
まさか翌日こんな事になるとは想像出来たでしょうか。

その日は日曜日でした。
私が家族とちょっと都内を車で移動中のお昼過ぎの事です。
父が私の携帯に電話をかけてきて、
『母が腹水を取る治療後、具合が悪くなり危篤状態だから、すぐ病院に来るように』
と、ちょっと動揺した口調で唐突に話しはじめました。
私は何がどうなっているのか理解出来ないまま、すぐそのまま病院へ向かうしかありませんでした。
『なんで危篤なの? 昨日会ってまだそんな状況じゃなかったよなあ』
と自分に言い聞かせる事で必死でした。

私は父から連絡を受けてから30分くらいで病院に着きました。
私の目に飛び込んできたのは、部屋のベッドの上で酸素吸入器を付けられ、呼吸困難になっている母の姿。
そして母の周囲を主治医や看護婦さんたちが、しきりに母の名前を呼んでいる光景がそこにありました。
『ひょっとしたらこのまま…』と私は嫌な想像もしていましたが、
母の様子も最悪の状態から生還したかのように、徐々に落ち着いてくるのがわかりました。

約1時間後には、ちょっとずつですが話も出来るくらいに回復し、駆けつけた家族もほっと一安心でした。

« 二度目の入院 - 闘病のはじまり - 余命宣告 »
01 序章 02 慢性C型肝炎とのつきあい
03 いつものこと 04 一度目の入院
05 退院 06 二度目の入院 - 闘病のはじまり -
07 病院からの呼び出し 08 余命宣告
09 最期の日 10 病院を出るまで
11 葬儀打ち合わせ 12 通夜
13 葬儀・初七日 14 火葬
15 葬儀後 16 49日・納骨
17 まとめ
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved