愛する人が亡くなるまでの家族の心境やそのときの様子を描写しています。C型肝炎発病-肝硬変-闘病生活-死-葬儀までの実録です。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

実録 愛する人の旅たち 闘病そして葬儀
余命宣告

母が危篤から生還した後の事です。

母の担当医から『家族の方にちょっとお話があるので…』との事で私と父が別室へ呼ばれました。
私と父は神妙な面持ちでナース室に入り、担当医師より母の病状を聞く事になりました。
私は先生の表情から母の状況はあまり良くないという事が想定出来ました。

ナース室に入ると担当医から、
『今回の危篤状況、呼吸困難な状況はまた起きるかも知れないので、
 家族の方にはある程度覚悟をしていただきたい』。
私は分かっていたものの、内心動揺をしていました。
しかし父は冷静に『あとどれくらいでしょうか?』と担当医に質問したところ、
『長くて1ヶ月くらい、しかし、いつどうなるかはまったく分からない状況なので…』
と言葉を濁していました。
私は『もう手術とか薬とかではだめなのでしょうか?』と聞くと先生は
『もう末期の肝硬変ですので、厳しいです。延命の為の治療はどうしましょうか?』
と具体的に質問されましたが、まだ元気だった頃の母は、
『私の最後は延命治療しないでいいよ、苦しみたくないから…』と話していたので、
私と父は『延命はしなくていいです』と即答しました。

母の病気や体の事に関して一番の理解者である父は、
母の余命宣告を告げられても、決して動揺せず気丈な態度をとっていました。
私は父がもっと動揺するかと思っていましたが、日に日に悪くなっていく母の闘病姿を見て、
父は既にに覚悟していたと思うし、もう母が苦しまない事を第一に考えていたのでしょう。

« 病院からの呼び出し  最期の日 »
01 序章 02 慢性C型肝炎とのつきあい
03 いつものこと 04 一度目の入院
05 退院 06 二度目の入院 - 闘病のはじまり -
07 病院からの呼び出し 08 余命宣告
09 最期の日 10 病院を出るまで
11 葬儀打ち合わせ 12 通夜
13 葬儀・初七日 14 火葬
15 葬儀後 16 49日・納骨
17 まとめ
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved