葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第2回
ご葬儀コラム第2回

第2回 意外にビックリ! 韓国のお葬式事情について

はじめに

最近、日本各地でもお葬式は葬儀社さんの手によって進行し、
亡くなった後の死に化粧、衣装換え等も納棺式によって、
家族が「変身後」の故人に対面するのが一般的だと思います。
神仏混合、宗教について自由な選択をする日本では、
多くの人々がお寺や葬儀場で葬式をあげる割合が多いですし、
家族の事情によっては直葬も増えつつあるのではないでしょうか。
では、隣国である韓国のお葬式について、これからお話ししましょう。

韓国のお葬式は大半、故人の死後3日間にわたって行われる「3日葬」です。

韓国のお葬式は、3日間かけて葬儀をします。
まず葬儀屋さんによる進行も最近は増えているようですが、
親族が日本でお通夜にあたる日に弔問客に対し深夜まで、
時には早朝までおもてなしをする文化が残っています。

病院に葬儀斎場が併設されている!?

韓国の病院

3日間の葬儀も日本とは違う葬送文化を感じますが、さらに日本では考えられない光景があります。
故人の家族は病院などに併設された葬儀斎場で、弔問客をもてなすそうです。
日本では近年、お通夜もお葬式もお寺や葬儀場で行われる事が多くなりましたが、韓国では大きな病院の場合、院内に葬儀関係の施設まで整っているのです。
さらに、親族の宿泊部屋まであるそうです。
お通夜も病院の葬儀スペースで行われ、翌日火葬場に行く前の最後のお別れも病院内に併設されている葬儀場で行われています。
また、故人に葬式がどの部屋で行われているかを、受付の掲示板で見る事ができます。
その掲示板には故人の顔写真と共に、通夜、告別式の時間などが告知されています。

韓国は数年前まで土葬 日本と異なるお別れの光景とは?

実は韓国では、数年前まで火葬ではなく土葬が主流でした。
現在は日本と同様に火葬文化になりつつあります。
また日本では火葬場で最後のお別れをするのが常識ですが、
韓国では病院の中で最後のお別れをするそうです。
理由は、火葬場が混んでいて故人とお別れするスペースも、時間も取れないのが現状のようです。
故人がキリスト教徒であれば、最後に棺に聖水?のような何かの液体を参列者が数滴振りかけ、
教会のお別れの歌を歌う団体の方たちが、
そばでずっと最後の歌を歌っているような事も少なくありません。
火葬場はフル回転で作動していて、順番待ちも少なくない光景だそうです。
日本のように棺の顔の部分に扉はなく、
棺はクギ刺しされているため、棺に寝ている故人の顔を見る事ができないようです。
火葬の順番になると、遺族は用意された小さな部屋の透明なガラス越しに、
火葬されていく棺を見届けるだけです。
また日本の火葬場と違う光景は、
教会のおばさんたちが哀しいメロディーの歌をずっと歌っていたり、
泣き崩れてその間から離れられない遺族をみかけるようです。
火葬後、同じく透明の壁を隔てた間から、
火葬場の係りの人が骨壷に納骨してくれる様子を見まもる遺族。
そして遺骨はベルトコンベアーのような流れ台から出てきて、遺族が故人の遺骨を受け取ります。

韓国の納骨とお墓事情

韓国ではキリスト教徒も多く、例えば親戚以外に教会のおばさんたちが同行し、墓の前で歌を歌います。
お供えする物としては、お酒類や果物の梨など、
様々な食べものをお供えし、納骨が終わったらそのまま持ち帰えるのが韓国流です。
お墓の形は日本のような墓石ありのものや、墓石なしのちょっと土を盛った芝山のようなお墓もあります。
韓国では郊外に墓地が多く、公園墓地として地域の人が利用しています。

韓国のお墓参りについて

新年、お盆秋夕、故人の命日。
多くのお供えを家で準備し、家に祭壇を作って親戚一同が集まって故人をお迎えします。
やはり韓国では儒教の教えがまだ根強く、親戚づきあいも、宗教や文化を継承していく意識があるようです。

まとめ

日本と同様に土地の狭いの韓国ですが、お葬式事情は文化の違いやお葬式に対する考え方の違いがあります。
時々韓流ドラマでもお葬式のシーンが映し出されるようなので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved