葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第50回

第50回 火葬場不足の東京

はじめに

年齢を重ねるとともに、お見送りに立ち会う場面も多くなってまいりました。
以前から東京では、火葬場の予約が取れないとは聞いていましたが、
お亡くなりになってから告別式までかなり日数があき、火葬場の予約が大変な事を本当に実感します。
東京で葬儀を行うのは時間がかかりたいへんになっているようです。
東京の火葬場・斎場事情を調べてみました。

東京の公営火葬場はわずか2か所

東京には使用料金も安く、経済的に葬儀を行える公的施設がたくさんあるイメージですが、
意外にも東京23区の公営火葬場は江戸川区の瑞江葬儀所と大田区の臨海斎場のみなのです。
瑞江葬儀所は都内で唯一の都営火葬場で東京都民は経済的にご火葬を行う事ができます。
臨海斎場は通夜・告別式・ご火葬まで行う事が出来る総合斎場ですが、
大田区・品川区・目黒区・港区・世田谷区5区の公営火葬場という位置づけです。
他の区民が利用する場合は費用が大幅に上がります。

東京都には7つの民間火葬場があります

7か所という数字は人口数を考えるとかなり少ない数ではないでしょうか。
四ツ木斎場町屋斎場落合斎場堀ノ内斎場桐ヶ谷斎場代々幡斎場戸田斎場の7か所です。
戸田斎場以外の6斎場は東京博善株式会社により営まれており、
戸田斎場のみ株式会社戸田葬祭場により営まれております。
この7斎場は火葬場併設の総合斎場であり、
霊柩車、ハイヤー、マイクロバスなどの費用が軽減できて経済的であり、
移動の負担もないので、たいへん便利で人気があります。

他にもこのような公的施設があります

有名芸能人、政治家だけでなく、一般の人でも、
参列者の数が多いと予想される場合に使われる青山葬儀所は東京都の公共施設です。
便利な斎場で、知名度も高く、かつ格式のある斎場です。
また、港区のように区立の斎場を運営している区もあります。
やすらぎ会館は港区にお住まいの方の利用が可能です。

まとめ

東京に限らず、多くの地域では新たに火葬施設を建設しようとしても、
建設用地の確保が難しい事、近隣住民による反対運動などで計画が進まない事が多いようです。
高齢化が進む中、人口が集中している地域では、
火葬場不足はますます深刻になってしまうかもしれません。
一週間も待たされた、という事がないように切に願います。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved