葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第118回
ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅

第118回
ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅

はじめに

ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 この冬、ヨーロッパを訪れる機会がありました。 行く先々で見る者を圧倒する見事な建築物をはじめ、歴史の重さを感じることばかりで大変充実した時間を過ごすことができました。 今回は旅の中で訪れた地下聖堂や公園墓地を写真とともにご紹介したいと思います。

ドイツ・シュパイヤー大聖堂(世界遺産)

ラインラント・プファルツ州にあるシュパイヤー大聖堂は神聖ローマ皇帝コンラート2世の命により、1030年から30年の月日をかけて造られたドイツ最大の大聖堂です。 こちらにはクリプタと呼ばれる地下聖堂があり、コンラート2世をはじめ皇帝・王・妻たちの棺が安置されています。 地下聖堂には入場料3€を支払い、地下につながる階段を下りていきます。静けさだけを感じるその空間に多くの棺が美しく厳かに時を刻んでいました。 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅

シュパイヤー大聖堂にて

フランス・モンサンミシェル(世界遺産)

世界遺産モン・サンミシェル、その素晴らしさにはため息が出るほどでした。 修道院の観光が目当て訪れましたが、名物もオムレツを食べることももうひとつのお目当て。ラ・メール・プラールのオムレツ目当ての旅行者の方もきっと多いことでしょう。 たまたま、メイン通りからつながる階段が工事中ということで、普段があまり通らない細い階段から修道院を目指すことに。 もらったマップにこのオムレツを作り始めたプラールおばさんのお墓があると書かれていたので、修道院入り口に向かう途中で立ち寄りました。 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅

モンサンミシェルにて

フランス・モンパルナス墓地

パリにはたくさんの公園墓地があります。ガイドブックを見て気になっていたモンパルナス墓地に足を運んでみました。 また、何で墓地?と言われながらもヨーロッパには有名人のお墓がある墓地が観光地化されているところがあるようです。 ここも特に有名な観光スポットというわけではありませんが、サルトル、ボーヴォワールなど著名人が眠る静かな公園墓地です。 訪れたときは人影もまばらで、散歩をしているご婦人を数名見かけたくらいでした。 最近は日本の墓石もいろいろな形が登場し、好きだった言葉などを入れる墓石もみかけますが、 ここで見たお墓は日本のものとは異なり、それぞれ、デザインも素敵で、同じものが一つもないといっていいくらい個性的なものばかりでした。 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅 ひたすら感激!ヨーロッパの埋葬文化を学習する旅

モンパルナス墓地にて

まとめ

なかなか訪れる機会がないヨーロッパ。 遠い遠い昔の皇帝たちが今なおひっそりと眠る地下聖堂は驚きと感動を与えてくれました。 そしてラ・メール・プラールといえば、オムレツとクッキーのことしか知らない筆者は実際にそのお墓を見たことで、 巡礼者を迎えるためにオムレツを提供し、確かにこの時代を生きてきたプラールおばさんがすごく身近に感じられました。 偉人たちのお墓を見る、そんな出来事が生きることの価値観を変えたかもしれません。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved