葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第121回
葬儀・法要における僧侶派遣サービスとは

第121回
葬儀・法要における僧侶派遣サービスとは

はじめに

葬儀・法要における僧侶派遣サービスとは 家族葬の増加など、葬儀自体の小規模化が進む現代社会。 葬儀にかかる費用も縮小する傾向にあります。 そんな中、徐々に増えつつあるのが「僧侶派遣サービス」です。 インターネットのショッピングサイトで手配できることで、少し前に話題になりました。 記憶にある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

僧侶派遣サービス増加の背景とは

昔は、それぞれの家で菩提寺を持っていて、葬儀や法要の際には菩提寺にお願いするというものでした。 現代においては、お寺と密接なお付き合いを続けているという人は少ないものです。 また実家が遠方なため、近くに付き合いのあるお寺がないという人も都心には数多くいます。 しかしいざ葬儀となれば、ほとんどが仏式で僧侶の読経が必要になる場合が多いもの。 そんな菩提寺を持たない人々のために生まれたのが、僧侶派遣サービスといえます。

僧侶派遣サービスのメリットとは

菩提寺に依頼する場合、僧侶へお布施を渡すのが一般的ですが、その金額は明確に決められているものではありません。 僧侶派遣の場合、明確な料金設定があるのが利用者にとっては大きなメリットといえます。 例えば「法事・法要の読経3万5千円」「火葬式での読経(戒名あり)5万5千円」といった定額の内容。 また多くの僧侶が登録していますから、それぞれの宗派に対応でき、利用者側の都合のよい日程に合わせてもらうことができます。 檀家としてのお寺との付き合いもなく、依頼した葬儀・法要のみの関係なので、煩わしさがないことも好まれる点かもしれません。

利用する際の注意点とは

便利に利用できる一方で、気をつけておきたい点もあります。 実家と宗派が違う僧侶を依頼したことに葬儀当日に気がつく場合、既に菩提寺がある場合、菩提寺の許可を得ずにサービスを利用し、納骨を巡ってトラブルが生じた例もあります。 依頼前には、必ず実家や菩提寺に確認を取るようにしましょう。 またお寺に所属している僧侶であるか、僧籍(僧侶の資格)の有無について、サービス会社で確認が行われているかも、依頼時にチェックしておきたいポイントです。

まとめ

葬儀の簡素化が進んでいるとはいえ、僧侶への依頼なしに葬儀が行われるということはほとんどありません。 様々な理由で、小規模で安価な葬儀・法要を望む人にとって、僧侶派遣はメリットの多いサービスといえるでしょう。 このようなサービスに対して賛否両論もあるようですが、葬儀が多様化する現代社会においては、 メリットや注意点をよく理解した上で、選択肢の一つとして考えてもいいように思います。

葬儀・法要における僧侶派遣サービスとは 定額お布施のお坊さん紹介サイト


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved