葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第122回
さて!困った!何を着せたらいいの?~子供の礼服~

第122回
さて!困った!何を着せたらいいの?~子供の礼服~

はじめに

さて!困った!何を着せたらいいの?~子供の礼服~ 急な訃報・・大人なら用意しておける礼服ですが、成長期の子供となるとそうはいきません。 着る機会が少ない礼服、そのたびに購入するのはもったいないですよね。明るい色や派手な柄が多い子供服、これじゃな~と思うことも多いのでは? 今回は、子供の服装にスポットを当ててご紹介します。

まずは基本カラーをおさえて

【基本カラー】:白・紺・グレー・黒 いずれも光沢の無いものを選び、ジーンズも避けましょう。
【男の子】:できるだけ無地シャツ(ボタンがあれば上までしっかり留める)・夏ならポロシャツでもOKです。 必要に応じてベストやブレザーを合わせます。下は、地味目のズボンにします。
【女の子】:できるだけ無地ブラウス(派手なレースやフリルは控えます)。カーディガンやボレロを羽織ってもいいでしょう。 下は地味目のスカートやジャンバースカートにします。ワンピースもOKです。子供だからと言って、極端なミニスカートは控えましょう。 学校の制服があれば、それが正式な礼服となります。 しかし、最近では女子高校生向けに派手な色合いのモノ、短すぎるスカート、大きく胸の空いたブラウスなどが出回っています。このような制服は不向きと言えるでしょう。

髪型・足元にも注意

髪が長い場合は三つ編みにするなどして、しっかり結きます。その際、派手な髪飾りや光り物の付いたアクセサリーは避けましょう。 ソックスも基本カラーが無難です。真夏でも、裸足ではなく必ず靴下をはかせます。女の子の場合、派手なレースや網タイツは避けます。 靴は、基本カラーを意識しエナメル素材でないもの。派手ではない運動靴やスニーカーでも問題ありません。 サンダルやミュールはやめましょう。歩くと音が出たり、光ったりする靴も控えたほうがいいです。

増えている「家族葬」での子供の服装

ここ数年、身内や親族などごく親しい内輪だけで行う「家族葬」が増えています。 故人の好きな音楽や花に囲まれて、故人の遺志にそった形でお別れの時間を過ごすのが特徴です。 そんな時、子供の服装は平服でもいいの?あまりマナーやしきたりにとらわわれない「家族葬」ではありますが、 やはり葬儀の場では、平服というわけにはいきません。参列する大人の服装を基準にし、それに合わせて子供の洋服を選ぶと間違いないでしょう。

まとめ

子供用の礼服をレンタルするのも一つの手ですが汚してしまうことなども考え、高価な服ではなく、ちょっとしたお出かけに使える「着回しのきく服」が便利でオススメです。 子供は、キャラクターが大きく描かれた服・ワッペンやリボンが付いた服を着たがるかも知れません。 しかし、その場にあった服装をしなければいけない時があること、騒いではいけない場所があることを経験するいい機会です。 普段より少しかしこまった服を着せるなど、あまり構えずに参列してみましょう。 故人のために、大人も子供も一緒に心のこもったお別れが出来れば良いなと思います。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved