葬儀コラム|葬儀に関する様々なコラムを掲載致します

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

葬儀コラム / 第125回
ポチできない買い物~お墓を買うということ~

第125回
ポチできない買い物~お墓を買うということ~

はじめに

ポチできない買い物~お墓を買うということ~ 日本人の価値観が大きく変わり、 様々な習慣やしきたりが変化しています。葬儀も多様化し家族葬のような親しい人だけで見送る葬儀を選択する人が増え、同じようにお墓に対しても、様々な選択をする人が増えてきました。 お墓もいろいろな形があり、お墓そのものを持たない方も増加傾向にあります。面倒だから、よくわからないから不要と思う前に、ゆっくり考えて見ませんか。

そもそもお墓って、何のためにあるの?

目的からいえば納骨堂と言っていいでしょう。お骨を収めた部分と暮石を合わせて「お墓」ということが多いと思います。 仏教では位牌には故人の精神の魂が、お墓には身体の魂が宿ると言われています。そのためお墓参りも必要なのです。 庶民は「家」で建立する「○○家の墓」がほとんどです。 先祖代々、同じお墓に祀られているということに意味があり、自分のルーツを具体的に感じることのできる良い機会になるでしょう。 話が逸れますが、有名な人や地位の高い人は一人で祀られることが多いですね。例えば古墳もその一例です。他には太宰治のお墓は、桜桃忌にファンがお参りすることで有名です。

ご予算も大事

では、購入するにあたり予算って?いくらぐらい用意すればいいのでしょう。 面白いデータがあります。2014年と少し古いのですが、50%ぐらいの方が100万円以下を想定していながらも、 実際に100万円で購入した方は20%程度。実際購入金額は100〜200万円が半分程度でした。 お墓の購入金額には、永代使用料、暮石代、管理料が含まれています。お墓を立てる場所を借りる、と考えるとわかりやすいでしょうか。 土地を借りて建物を建てる場合、賃貸料、上物の代金も管理料もかかりますよね。

どこで買う?

では、どこで買いましょうか。正しくはどこに建てるか、ですね。 例えば、菩提寺の墓地、実家のそばの公共霊園、都心の自宅のそばの寺院が経営している納骨堂など、選択肢がたくさんあります。 価格は当然ながら、地価と比例します。先ほどのデータでは、お墓の購入金額は全国平均が196万円ですが、東京都は256万円でした! また、民間の場合は、その企業の倒産なども起こり得ます。もしもの場合の対策が講じられているか、確認が必要です。

墓石の選び方

場所は決まった。ではどんなお墓にしたいですか。 故人の意思を反映したい、お墓参りが楽しくなるようなお墓にしたい、など様々な希望があると思います。 お墓の意味から考えると、子孫に引き継げることも考えなくてはいけません。 また、デザインに凝りたくても、素人考えではできないこともありますので、注意が必要です。 ぜひ、石材店に相談しながら、ご希望を叶えましょう。

まとめ

ほとんどの人が一生に一度の高い買い物であり、慣れないことの多い経験と思います。 人を疑ってかかる必要はありませんが、騙される人がいるのも事実です。 あまりに安い、契約を急かすなどの行為があった場合は、少し時間をかけて判断した方が良いかもしれません。 後悔のないよう、落ち着いて臨めるといいですね。


PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved