葬儀後の手続をお香典の整理から葬儀後の事務手続まで、葬儀後の手続き一覧表やワンポイントアドバイスなどで解説します。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

東京斎場ねっとトップ / 葬儀のマナー / 葬儀後について
<< お通夜・葬儀の当日                   通夜・葬儀当日のタイムスケジュール >>
ご危篤からご逝去まで ~ 一番悲しく、つらいとき ~
葬儀後について やっと一息 でもやることはたくさんです…

葬儀が無事終わり、ほっと一息できる時です。
緊張していた気持ちもようやく解き放たれ、
残された遺族にも少しずつ笑顔が出てくるでしょう。

しかし、葬儀の儀式は終わったとしても、
仏壇、お墓、様々な葬儀後の事務手続きが待っています。
この辺のお話も、親族が集まっているこの機会に、
是非話し合いしておいた方がよいでしょう。
皆さんは2~3日もするとまた通常の日常生活に戻る事になってしまいますから。

大きく分けて下記の3つになります。

I.お香典の整理
これは葬儀後にやってくる大きな大きな仕事です。
葬儀当日に受付の方がチェックはしているものの、
お香典帳と金額が合わなかったり、住所未記入・文字が見えない等…、結構大変な作業です。
【香典返し】や【喪中ハガキ】のリストになるものなので、しっかりと整理したいものです。
パソコンができる方にお願いし、エクセルデータにまとめておくのもおすすめです。

※ 代行入力サービス
【香典返し】を依頼するデパートなどの業者に香典帳を渡すと、
後日エクセルデータにして返して貰えるサービスもございます。
詳しくはデパートなどの各業者にお問合せください。

II.葬儀後にかかりそうな出費の確認

■仏壇・位牌
仏壇の種類は多種多様あります。
現代の家庭環境にあった家具調現代仏壇も数多くあり、選択肢が広がっています。
値段は15万円くらいの物から上限はまた数百万の物まであります。
白木の位牌はお寺さんに納めますので「黒塗り」か「唐木」の本位牌を用意します。

■お墓
場所や費用も考慮しなければならず、新しくお墓を求める方にとっては非常に厄介な問題です。
それではお墓が無い人はどうすればよいのか?
東京のお寺さんのお墓は高く、公営墓地も何倍もの競争倍率。
民間墓地になると郊外で探さなければならず、時間もかかります。

■忌明け法要(49日法要)
1)日時を決定
葬儀が終わったらすぐに日時を決定致します。
平日は皆様仕事がありますので、49日前の土・日曜日が多いようです。

2)参列者の人数把握
法要案内状が一番丁寧ですが、ご親戚の方中心なら電話でもかまいません。
とにかく参列者の人数を把握します。

3)会食の準備
法要後の会食の準備をします。
お寺さんで召し上がる場合はお寺さんにその旨を伝えます。
お寺さんではなく、別の場所で…とお考えの方は、なるべく移動に手間取らない場所を探します。
大きい料理屋さんは送迎バスを持ってますが、その分料理の値段も高くなってしまいます。
いろいろな条件を考慮しましょう。

III.葬儀後の事務手続
大きく分けて下記のような手続きに分けられます。
いずれも早めの手続きがよいのですが、必要書類を求められる場合が多いので、
まずは提出先(ほとんどが役所)に確認の上、
役所を行ったり来たりと無駄のないように注意したいものです。

【葬儀後の必要手続き一覧表】
種類 手続内容 提出場所 期間 印鑑
証明
印鑑
証明
除籍
謄本
戸籍
謄本
戸籍
謄本
住民
住民
死亡
診断
保険
年金
手帳
年金
手帳
本人 全員 故人 本人 全員 本人 全員 故人 故人 本人
死亡届   市区町村 7日以内                    
生命保険 死亡
保険金請求
加入
保険会社
早めに            
厚生年金 遺族
厚生年金
社会保険
事務所
早めに
国民年金
国民年金
だけ加入
遺族
基礎年金
市区町村 早めに            
寡婦年金 市区町村 早めに            
死亡一時金 市区町村 早めに                  
土地・建物 不動産登記 法務局 早めに                
預貯金 名義書換 銀行
郵便局
早めに              
有価証券 解約
及び停止
契約会社 早めに                
電話 承継
手続き
NTT 早めに                  
自動車 所有権
移転
陸軍支局
事務所
早めに                  
年金受給権者
死亡届
社会保険
事務所
早めに                
相続税 限定認証 家庭
裁判所
3ヶ月以内                  
相続放棄 家庭
裁判所
3ヶ月以内                  
所得税 準確定
申告
税務署 4ヶ月
以内
                   
相続税 相続税申告 税務署 10ヶ月
以内
               
国民
健康保険
葬祭費 市区町村 2年以内                  
健康保険 埋葬料 社会保険
事務所
2年以内                  
高額療養費 社会
保険事務所
2年以内                
労災保険 葬最良 労働基準
監督所
2年以内                  
自賠責
保険
労働基準
監督所
2年以内                  
簡易保険 保険金
請求
郵便局 5年以内                  

この『葬儀後の必要手続き一覧表』をみると、たくさん手続きが多く感じますが、
実際は全部が必要とは限りません。そして役所での作業がほとんどです。

手続き上のワンポイントアドバイス

■必要書類は何通もらえばよいか事前確認
例えば、今日は病院に行くから【死亡診断書】は何通必要か?
明日は役所に行くから【戸籍謄本】【除籍謄本】【印鑑証明】は何通必要か?
…と計算する事です。
また急がなくても役所から【はがき】で手続きの知らせがきます。
実はそれからでも十分間に合います。

■貰えるものはしっかり貰う
お支払いはギリギリまで検討する、ぐらいがちょうどいいと思います。 たくさんの税金・保険金を支払ってきたのですから…。

1)手続きによりお金がもらえるもの
・生命保険
・医療費控除の手続き ※確定申告後(故人が亡くなってから4ヶ月以内)
・健康保険(国保以外)から埋葬料
・国民健康保険から葬祭費
・高額療養費
・故人の確定申告

2)手続きにより停止・廃止するもの
・免許証、保険証、パスポート、クレジットカードなどを返却
・国民年金や厚生年金の停止手続き
・電気、ガス、水道、電話などのライフラインの解約または承継手続き
・土地、建物、不動産登記変更

<< お通夜・葬儀の当日                   通夜・葬儀当日のタイムスケジュール >>
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved