喪主の心構え役割や行動など、喪主になったときのアドバイス。葬儀社との打合せの段取りやコツも教えます。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
東京斎場ねっとトップ / 葬儀のマナー / 喪主の心構え・行動・役割
<< 通夜・葬儀当日のタイムスケジュール                    喪主のあいさつ >>
喪主になったらどうする?

1.喪主の心構え
よく葬儀のマナー本や葬儀サイトでは、
喪主とは『葬儀の段取りや葬儀の予算を決定する責任者で、遺族の代表となる重要な存在になる人』
…と明記されています。

ただそんな重圧を背負って意識してしまうと、亡くなられた最愛の人の供養に心が向かず、
結果的に慌ただしいい葬儀という儀式に振り回されてしまう事になります。

2.喪主の行動・役割
喪主の行動は細かい事から、
大事な節目の挨拶など様々な場面で仕事があります。
ただ葬儀の進行や手配はプロの葬儀社に全てお任せしておけば安心です。

■喪主の行動・役割(通夜から葬儀)
1)葬儀社と葬儀段取りの打合せ
2)菩提寺・親戚などへの連絡
3)会葬者・弔問客の応対
4)葬儀(出棺前)・精進料理の挨拶
5)世話役やお手伝いして頂いた方への挨拶
6)僧侶のおもてなし

※ なお葬儀社との葬儀費用や葬儀段取りの打合わせも、
喪主ではなく息子や娘、又は親族の方にお願いしてもよいでしょう。
上記の事を全て喪主一人で行うと、精神的にも肉体的にもかなりのご負担になりますので。
ある意味喪主は会葬者・弔問客・僧侶の応対等をメインに考え、
あとの仕事は他の方に依頼してもよいかもしれません。

また、人前で話す事が苦手で、葬儀(出棺前)や精進料理の挨拶も出来ればやりたくないという方は、
ご自身の息子・娘や弁の達者な親族の方にお願いしてもよいでしょう。

<< 通夜・葬儀当日のタイムスケジュール                    喪主のあいさつ >>
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved