ご葬儀・お葬式に贈る葬儀生花・供花のマナー、いざという時に慌てないためのワンポイントアドバイスを掲載。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

東京斎場ねっとトップ / 葬儀のマナー / 葬儀生花・供花のマナー
<< 葬儀のマナー
ご危篤からご逝去まで ~ 一番悲しく、つらいとき ~

葬儀生花・供花のマナー

故人にお花をお供えする供花をはじめ、枕花、棺上花束、献花と葬儀では多くの花が使われます。
冠婚葬祭の中でも特に葬儀はその地域での独特な慣習があることが多く、また執り行う式場によっても対応できることとできないことがあるなど、マナーに迷うことが多いようです。
また棘のある花は贈らないのがマナーとも言われていますが、最近では棘のない薔薇などもあるなど、
いろいろと変化してきています。

葬儀生花・供花の種類

■枕花

枕花とは、亡くなってから葬儀を待つ間、ご遺体の枕元に飾るお花のことです。
ご遺族が手配する場合がほとんどですが、故人と親交があった方が葬儀の前に弔問に伺うときに持参することもあるようです。
大きすぎないアレンジメントは手軽に置くことができ、枕花としてよく使われています。
棘のあるお花や派手な色合いは避けて、白中心にまとめます。
哀悼の意を表して故人が好きだった優しい色合いのお花を添えるのも一案です。この場合は、ご遺族のご心情や場の雰囲気に合ったものなどを優先考慮してください。キリスト教はカトリック、プロテスタントとも白ユリが中心で、必ず生花を飾ります。

■供花

供花とは故人にお花をお供えし、お贈りすることを指します。また会場を装飾する意味合いもあります。
仏式や神道の葬儀で用いられるのは主に白菊ですが、菊以外でも白い洋花も使われます。
供花はご遺族や親族が連名で御供えします。お仕事の関係では社名等でお贈りします。
また、遠方やご高齢等で参列が難しい場合にお悔やみの気持ちをこめてお贈りします。
供花を贈る時に最も注意しなければいけない事は、ご自身の判断だけでお花の手配をしてしまうことです。
かえって迷惑がかかる場合があります。葬儀会場や葬儀社によっては指定の花屋さんが決まっており、外部からの持ち込みが出来なかったり、持ち込み料を取られる場合もあります。
祭壇に並べる供花は葬儀社に手配してもらうことが一番無難です。

■生花祭壇の供花

最近、多く見かけるようになった生花祭壇では祭壇に飾るお花の一部をお贈りするという形式をとるため、贈られた方のお名前がわからないことになります。
その場合は会場に供花していただいた方のお名前が会葬者の方々にわかるよう、入り口に「芳名板」が設置されます。多くの供花をいただき、生花祭壇がより一層美しく飾られます。

■キリスト教の献花

キリスト教は宗派を問わずカーネーションや薔薇、百合などが使用されます。
花色も白を中心にブルー系やピンク系なども贈ることができます。
葬儀は教会で執り行われるためスタンドや花輪などの供花をお贈りできない場合があります。そのため携帯できる籠花(バスケットフラワー)を贈ることが多いです。
式典の内容は宗派により異なりますが、主に讃美歌の斉唱、聖書の朗読、神父や牧師の説教などです。仏式とは異なりお悔みの言葉はお伝えしません。
献花は右手に花が来るように持ちます。献花台前で花が自分の方に向くように、手前に回します。左手の甲を下にして右手は花に添えて献花台に捧げます。一歩二歩下がり一礼します。
キリスト教の葬儀は全般的にフラワーアレンジメントなどで美しく飾られ、比較的明るいイメージです。

■後飾り

仏式の場合はご葬儀が終わった後、四十九日まで祭壇でお骨を安置しますが、その祭壇を供物や供花で飾ります。これを後飾りといいます。
ある地方では祭壇の左右に蓮の造花を飾るも場合もあるようですが、生花のお供えがあれば故人への労いや慰めになるのではないでしょうか。
尚、神式では五十日祭を執り行い、キリスト教の場合は納骨まで遺影と十字架、生花などを飾ります。

供花の注文は先に大まかな予算を決めて、葬儀社に相談して贈れば喪主様にご迷惑がかかるようなことはないと思われます。お花一つでも宗教上の制約や宗派などでもマナーが違ってきます。
故人のご冥福を祈る気持ちを大切に、しきたりやマナーを守りお贈りしたいものです。

<< 葬儀のマナー
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved