ご葬儀・お葬式に参加できない時は?いざという時に慌てないためのワンポイントアドバイスを掲載。

0120-377-594
葬儀のお問合せ
生花のご注文

東京斎場ねっとトップ / 葬儀のマナー / 葬儀に参列できない時は?
<< 葬儀のマナー
ご危篤からご逝去まで ~ 一番悲しく、つらいとき ~

葬儀に参列できない時は?

訃報に際し、ご連絡を頂戴してもすぐには対応できない場合もあります。まず最初にどのような行動をとれば良いのでしょうか。
冷静に落ち着くことは大前提ですが、ご葬儀に参列できなくても、故人やご遺族のためにできることを考えてみたいと思います。

■参列できないことを知らせる

夜中に鳴る電話は良くないと言いますが、訃報に関しても時を選ばず、急な場合がほとんどです。
葬儀にどうしても都合がつかず、参列できない場合には、お電話で弔意を伝えることができます。
ご遺族はお葬式という非日常的な状況の中にいます。出来る限り簡潔にお悔みをお伝えし、参列できない理由も併せて申し伝えます。 知人等で弔問される方がいらっしゃる場合は、その方に欠礼の伝言をお願いします。
さらに代理人を立て参列して頂く方法もあります。出張や旅行などで弔電や供花が間に合わない場合や高齢や持病のため参列が難しい等、事情を汲んで頂ける身内や友人に依頼します。代理人は故人やご遺族と面識がなくても参列できます。ご芳名帳には参列できなかった本人の住所と氏名、その後に代理と記入します。

■弔電を打つ

取急ぎご遺族にお悔みの気持ちをお伝えします。遅くても葬儀の開始時刻に間に合うように準備します。
宛先は喪主ですが、知人友人に励ましの弔電を送っても差し支えありません。
社葬の場合は会社に送るのか、式場で受付しているのかを主催者側に確認します。
弔電の内容はある程度畏まった文章で、喪主から見た敬称を用います。宗教によって使用して良い言葉が異なりますので、喪家の宗派に沿った適切な言葉選びが肝要です。またオリジナルで文章を作成する場合は、忌み言葉や重ね言葉にも配慮が必要でしょう。

■香典を送る

郵便局から現金書留で御香典を送ります。
不祝儀用の封筒を用意し、上段に御霊前や御花料等、各宗教に合わせた言葉を選び、下段には氏名を記入します。
現金書留封筒には手紙を入れることができます。故人を悼むお悔みの言葉や参列できない理由等を記したお手紙を同封しましょう。また貴重品ですので間違いなく確実に受け取って頂けるよう、喪主宛にお届けします。
現金書留の封筒は二重になっており、中身が見えないようになっているので安心です。送付金額と重さにより料金が変わりますが、512円からです。

■供花を贈る

御香典の代わりとして、また葬儀に参列できない場合等に供花を贈ります。
供花についての詳細はこちらをご覧ください。 葬儀生花・供花のマナー

■後日弔問に伺う(伺うときの注意点)

ご遺族の心境やご都合を優先し、いつ訪問させて頂くのが良いか確認をしましょう。服装に関しては、落ち着いた色合いの平服でも失礼に当たりません。
仏式で御香典を持参する場合、四十九日の法要が過ぎているかどうかで表記が変わります。法要前でしたら御霊前、法要が済んでいたら御仏前と記入します。故人がお好きだったお菓子や果物、供花をお持ちする場合、のしは「御供」と記入します。
また葬儀の慌ただしさのためご遺族が疲れていることも考えられます。関係性にもよりますが、余り長居はしない方が無難です。

■年賀欠礼ではじめて亡くなったことを知った時の対応

近年家族葬が増え、年末に喪中葉書で初めて訃報を知ることもあります。年内早めにお手紙やお電話でお悔みをお伝えします。
また既に年賀状を投函した場合は、松の内が明けてから、寒中見舞いでお悔みの気持ちとお詫びを綴っておきます。後日弔問に訪れる場合は、その旨も記載しておきます。
お悔みの文章は時候の挨拶や頭語は不要で、忌み言葉には注意しましょう。
またご遺族のお気持ちを察し、お手紙だけではなく供花や御線香を一緒に贈る事も多いでしょう。亡くなってから日数がかなり過ぎているようであれば、ご遺族に負担がかからないような形が相応しいと思います。

<< 葬儀のマナー
0120-377-594
葬儀のお問合せ
葬儀総額見積書一覧

PAGE TOP
葬儀生花のご注文
© SaijouNet All right reserved