新宿区で低価格な小さな葬儀・お葬式ができる良心的で経験豊富な葬儀社をご紹介。

お急ぎの場合はお電話で
23区 お葬式・葬儀事情

新宿区の葬儀・お葬式事情

葬儀場・斎場での葬儀が主流です。

新宿区は23区の中央やや西側に位置し、古くは甲州街道の通り道として栄え、新宿駅とその西側にある東京都庁を中心として日本一の大繁華街が形成されています。かつては都心のベッドタウンとして人口が急激に増えた北部の落合地区は住宅地となっています。
また慶應義塾大学病院や東京医科大学病院、東京女子医科大学病院といった大学病院や、国立国際医療研究センター戸山病院などの大病院も多くあります。その他、区営の葬儀斎場として下落合に【落合第一地域センター】、若松町に【若松地域センター】、早稲田町に【榎町地域センター】、箪笥町に【牛込箪笥地域センター】と4ヶ所、寺院斎場も多くの著名人が利用する斎場や、宗派に関係なく檀家以外の方でも利用できる斎場も多くあります。区営斎場はそれぞれ利用料金も安く、利用しやすくなっています。
また新宿区には火葬場を併設している民間の【落合斎場】があり、こちらを利用する方が多いようです。

どういう葬儀のスタイルが多い?

新宿区の葬儀・お葬式のスタイルとしては、昨今の東京都内の葬儀事情を反映するような小規模化も進んでいます。 最もシンプルで葬儀費用面でも低価格でできる直葬(火葬式)や、お通夜の儀式を省いた告別式のみの一日で終わる一日葬を選ばれる方も増えてきており、小規模な葬儀・お葬式が主流となりつつあります。いわゆる家族葬的な家族と親族だけのお葬式が増えています。会葬者も含め30名前後のお葬式が多くなってきました。
新宿区内の区営式場(落合第一地域センターなど)や寺院の斎場で葬儀を行い、落合斎場で火葬するスタイルと、火葬場を併設する葬儀場でご安置から通夜・葬儀・家族葬をおこない、そのまま火葬というような1箇所で全ての葬儀儀式が完了する“1ストップお葬式”というスタイルも人気です。

葬儀費用はどのくらい?

気になるお葬式の費用は規模やスタイル、場所によって大きく変わってきます。
例えば、新宿区にお住まいの方が葬儀をする場合、葬儀費用面から最低限でできるお葬式は、落合斎場(新宿区)で行う直葬(火葬式)プランです。
当サイトの【東京斎場ねっと】では直葬(火葬式)プランは落合斎場での直葬(火葬式)に必要な最低限の全ての内容(落合斎場での火葬料 / 棺代 / 安置代※3日分 / 寝台車※30km / 施行スタッフ)を含めても185,000円(税別)の都内でも低価格の葬儀費用でご案内いたします。
また一日葬500,000円(税別)や二日間の葬儀(家族葬)600,000円(税別)など、低価格のお葬式を安心で、良心的な葬儀社が責任をもって対応させていただきます。

火葬場併設の斎場で葬儀をするメリット

火葬場を併設する斎場のメリットとしては、主に以下の点が挙げられます。
●安置場所も完備している
冷蔵保管もでき2〜3日くらいであれば、1回分のドライアイスの対応で安置できます。
※ ご遺体の状況・状態によっては追加や分量の調整をおこないます。
●広い駐車場も完備している
都内の一等地にありながら50台〜100台近く駐車可能です。
●知名度が高い
斎場だけでなく火葬場としても知られておりますので、会葬者の方にも便利です。
●移動がない
貸し斎場や寺院の式場で葬儀後、出棺となり、火葬場へは自家用車やマイクロバス、ハイヤー等の交通手 段を使っての移動になります。
●家族葬に適している
30名未満の小さな式場もあるため、小規模な家族葬にも適しています。

新宿区・周辺の式場、火葬場、区民斎場

落合第一地域センター 新宿区下落合4-6-7
新宿区の民営斎場である落合第一地域センターは定員が30〜50名の式場で、小規模な家族葬に適しています。
若松地域センター 新宿区若松町12-6
新宿区の民営斎場である若松地域センターは定員が30〜50名の式場で、小規模な家族葬に適しています。
榎町地域センター 新宿区早稲田町85
新宿区の民営斎場である榎町地域センターは定員が30〜50名の式場で、小規模な家族葬に適しています。
牛込箪笥地域センター 新宿区箪笥町15
新宿区の民営斎場である牛込箪笥地域センターは定員が30〜50名の式場で、小規模な家族葬に適しています。

© NextGate inc.